ひらがなせんにんの じんるいきゅうさいけいかく

ひみつのけいかくにさんかしよう! 

せんにんは いそがしい

じつは せんにんは えいがにでることになりました

いま そのれんしゅうでとてもいそがしいのです

 

そしてなつやすみは とうほくにあそびにいきます

 

すいあげられるはなしのつづきは しばらくまってください

 

すいあげは ますますきびしくなります

 

年金年齢の引き上げとセットで死亡税を導入か!?安倍首相直属の会議で死亡消費税の提案|情報速報ドットコム

かめよせにいって かめによせられ しょうわの めいきゅうをさまよう

2017ねん7がつ30にち ごご3じはん よよぎえきしゅうごう

 

おそれおおくも めいじじんぐうの きたいけ にて かめよせを ほうのういたしました

 

じっけん

 

ふだんは ひとりで じゅつをつかい かめがよってくると あいふぉんをだして さつえいしているのです

 

こんかいは せいぶつがくにくわしい たくちゃん(ぷらいばしーにはいりょして かめい)に さつえいをおねがいしたのです

 

たくちゃんは じぶんでも かめよせにせいこうしています

 

たくちゃんは せっかくやるんだから ひとをよんで こうかいじっけんにしよう といいだしました

せんにんは さつえいだけでもよかったのですが それもいいかな とおもいました

 

そこで だいだいてきにせんでんしたけっか ふたりきました。

 

いせさん(かめい)と みどりさん(かめい)です

おくれて たくちゃんのともだち ゆうこさん(かめい)もきました

 

で かめよせですが せんにんとしては のぞむようなえいぞうがとれませんでした

 

ほーむぐらうんど おとめやまこうえんのかめと なぜか せいしつがちがうようです

 

おとめやまこうえんの かめは さいごまでよってきます

まるでかいいぬが かいぬしをみあげるように せつなく こちらをみつめるときがあります

 

こちらでそのようすをかくにんしてください

ところが じんぐうのかめは とちゅうまでくると 1めーとるくらいてまえで みずにもぐっていなくなってしまうのです

 

4ひきくらいは あきらかによってきたのをかくにんしたのですが これ という えいぞうはとれませんでした

 

じじつがあるのと ひとになっとくしてもらえる えいぞうをとるのは べつです

 

さんかしゃのみどりさん(かめい)は しんくろーむ(せんにんのじゅつ)をならったことがあります

じぶんでも かめよせしてみて「しんくろーむ(せんにんのじゅつ)にかめがはんのうするのがわかりました」といってかえりました

 

いせさん(かめい)は 「こんど おとめやまこうえんに さつえいにおともしてもいいですよ」といってくれました

 

えいぞうはとれませんでしたが さんかしたひとにはなっとくしてもらったようです

 

しかし どくしゃのみなさんは なっとくしませんね?

 

がりれお こぺるにくすいらい せけんのひとびとはあたらしいせかいかんを うけいれないものです

 

そこで おくれてきたゆうこさん(かめい)のかめよせをごらんいただきましょう

 

ゆうこさんは せんにんに いんすぱいあされて かめよせをはじめましたが せんにんより うまくできます

 

またほうほうろんや げんりなども びみょうにちがうかもしれません

 

しかし かんじんなのは かめがなんらかのえねるぎーにかんのうしてよってくる ということです

 

 

5ひきのかめのあたまが かんぜんにおなじほうこうをむいて すすんでいるのがみられます

 

これを きのせいだ というひとは なかなか かたくななひとといえます

 

ひとまず これでわたしたちは かめよせじっけんを しゅうりょうしました

 

しかし わたしたちが このひ かめかめわーるどにふかくさんにゅうするのは じつはこれからだったのです

 

るのあーるでおちゃしたあと おさけをのもうといいました

たくちゃん(かめい)が にぎり10円のあやしいすしやがある といいます

 

ほんとうでしょうか

 

いってみると

 

f:id:hiraganasennnin:20170804105011j:plain

 

あ これはめいじじんぐうの かめいし です

 

いってみると

 

f:id:hiraganasennnin:20170804105132j:plain

 

たしかに10えん

そしていてんしていました

 

しかたないので ちかくのやはり やすくてふしぎないざかやにはいりました

 

f:id:hiraganasennnin:20170804105427j:plain

 

 もやしいためと やきそば おむれつ さけは みどりかわ

 

ここは ふるいびるに ぞうせつをかさねた ふしぎなところでした

びるのそとのたいるが しつないにあったり ぶっといえんちゅうがたっていたり といれがたいへんおくまっていたり

 

そういうこうぞうじょうのはなしをしていますと となりでひとりでのんでいただんせいが 「ここのおくじょうで 『きずだらけのてんし』をさつえいしたのです」

 

とおしえてくれました

 

はなしてみると そのひとはなんと でんせつのばんど じゅーしーふるーつ(かめい ではない) のどらむす の たかぎさん(かめい)だったのです

 

はなしは おんがくのわだいになり たくちゃん(かめい)はうた うたいたいね といいだしました

 

ただ からおけぼっくすはせまいからいやだ というのです

 

せまいだけでなく たくさんのひとにきかせたいのでしょう

できれば すてーじとまいくすたんどがあるのがいいのでしょう

なまばんどなら もっといいでしょう

 

よよぎでは めとはなのさきに かい という すてきな からおけばーがあるのです

すぐそこですから あるいてたしかめにいくと にちようだからか おやすみです

 

そこで よよぎで けんさくしてみると しょうわ かようばー というのがありました

 

ここにおいて じつは しょうわの だいさんかくけいが かんせいしていたのです

 

きずだらけのてんし じゅーしーふるーつ しょうわかようばー

 

このような けっかい がはられていたのですが うかつにもわたしたちは きづきませんでした

 

このげんこうをかこうとして きづいたのです

 

そんなのぐうぜんだろうと?

 

おっしゃいますか

 

がりれお こぺるにくすいらい せけんのひとびとはあたらしいせかいかんを うけいれないものです

 

では ばーのなまえをみていただきましょう

 

 

f:id:hiraganasennnin:20170804111448j:plain

 

 

 

あははは

 

ねたでしこんだわけではなくて よよぎでぼっくすでなく からおけするにはここしかなかったのです

 

ふしぎなことに わたしたちは このふしぎなふごう しんくろにしてぃに さほどおどろきませんでした

 

そして おみせにはいるとまっていたものは

 

 

 

 

 

どーん

 

f:id:hiraganasennnin:20170804112346j:plain

 

すいそうのなかの おおきなかめ

 

すっぽんもどき というかめです

 

かれこそが よよぎのかめをとうかつする ちゅうぼす ではないでしょうか

かめは みえないてれぱしーのねっとわーくでつながっていて じくうをそうさして わたしたちをよんだのでしょうか

 

このしゃしん あきらかにこちらをみていますね

 

みいらとりがみいらになると いいますが かめよせにいって かめによせられたようです

 

かめが りゅうぐうじょうにつれていく という うらしまたろうのはなしは やはり ひめられたちからをあらわしているのかもしれません

 

そんなことは おかまいなしに わたしたちは からおけにむちゅう 

さわだけんじの さむらいをうたう せんにんのすがたがありました

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hiraganasennnin:20170804112023j:plain

 

 

おしまい 

 

 

 

 

 

 

 

せんにんは げかいのことで いそがしい でも かめ

こんしゅうにちようの きんきゅうかめよせ について ほうこくしたい

 

のだけれども あまりみじかく かけない

 

せんにんのくせに いそがしい

げんこうがかけない

 

すいあげるのげんこうも とちゅうなのに

 

こんかいのかめよせは せいこうか しっぱいかといわれれば しっぱいではないが まんぞくはいかないというくらい

 

でも すごくおもしろいことがあった

 

かめをよせるよりも かめによせられて めいきゅうをさまようような

 

 

……と、ちょっと こだいにせんでんしておきます。

あらためて かきます

 

ほーむぐらうんどの めじろおとめやまこうえんで けさとったのをあっぷ

 

 

きんきゅう あす かめよせ だいじっけん

よよぎえきのはらじゅくよりおおきなかいさつに ごご3じはん しゅうごう

 

めいじじんぐうのいけにむかいます

 

だれでもさんかできて むりょうです

 

しょたいめんのかたは めっせーじか こめんとをくださると もじもじしないですみます

 

きちょうな きかいです

 

 

すいあげられる のみの さーかす

さーかすせかいのほうかいするのは おかねが いちほうこうてきにながれることでもわかります

 

おかねは こじんのおかねから おおきなしすてむのおかねにつねにすいあげられています

 

まいにち すいあげられている のをかんじますか?

わたしたちはすいあげられています

 

ときのしゅしょうが 「ぜいきんをすいあげる」というひょうげんを こっかいでつかったときには あまりにそのまま ろこつで びっくりしました。

 

ふくざつなきもちになりました

 

たぶん にほんのぜいきんは こうふたんこうふくし といわれるほくおうと もはや かわらないすいじゅんです

 

こうふたん ていふくし のせんとうをはしっているくにです

 

しかし それでもぜいきんがたりない と らいねんは ねあげするらしいです

 

これが れすとらんであれば ねだんがたかく さーびすもあじもわるい みせということになります

 

しかし てんちょうは そとでぽるしぇをのりまわしたり ともだちにおごったりしている

ざいりょうのしいれはたかく しいれたんとうしゃは わいろをどんどんもらっている

 

それで「おかねがたりないので ねあげします」といったら、おきゃくはこなくなりますね

 

しかし くにのばあいは れすとらんのように もういかない というわけにはいきません

いくのではなく うまれたときから そこにすんでいるのですからね

 

うまれたくにをすてて ほかのくににいくのはたいへんです

おかねもちや きぎょうは くにのわくをこえて おかねをうんようしたり かくしたりしますが しょみんはそうもいきません

 

というわけで ぜいきんはいわれるがままにすいあげられるのです

 

すいあげは それだけではありません

 

ねんきん

 

これもすいあげられます

 

おかねがたりなくなると しきゅうがくをへらし しきゅうねんれいをあげてちょうせつします

 

せんにんのわかいときは ねんきんはしょうらいのためにはらうもので じぶんのおかねを くにがあんぜんにうんようしてくれて そこにつみたてているいめーじでした

 

しかし はなしはいつのまにか はいってきたもので だすほうをまかなう ということになってきました

 

だから こうれいしゃがふえると はらえない というりくつです

 

では こうれいしゃがおおくなかったじだいの よじょうのおかねはどこにきえたでしょうか

 

そして ねんきんしきんは かってにかぶしきしじょうに ぶっこまれて なんじゅっちょうえんも そんしつをだしているようです

 

そのそんしつのぶんも おかねがありません ということになって しきゅうがくや しきゅうねんれいにはんえいすれば いいのです

 

こうがくれきのひとがたくさんあつまって ふくざつなせいどや かいけいしょるいや ほうりつをつくりますが しょうばいは かんたんです

おかねがたりなくなったら さーびすをさげて すいあげるきんがくをあげる

 

これでかいけつ

 

だれももんくをいいません

*

 

けんこうほけんも すいあげます

 

にほんのいやくひんしょうひは あめりかについでたかいようです

 

おいしゃも ばんばんくすりをだします

 

けんこうほけんがきくくすりは やすいので たくさんもらってよろこぶひとがいます

 

それでほけんりょうがあがります

 

らいねんも あがるようです

 

*

 

けいたい・すまほもすいあげます

 

まいつき なんぜんえんもかかりますね

 

すまほなしでは いきられない

 

おかねによゆうがないひとでも すまほにおかねはおしみません

 

そして げーむのかきん

 

これまた はまるひとにとっては すいあげ なんばーわんです

 

せんにんは げーむはしますが ぜったいに かきんにはふみこません

 

*

 

けんこうほけんいがいの いりょうほけんもすいあげます

もしものときにひつよう とみんなおもいますね

でも ほけんのかんげんりつは せいぜい40ぱーせんとくらいと すいていされています。

 

100えんのうちの60えんは こうこくひや じんけんひ りっぱなびるでぃんぐなどのしせつ にきえて 40えんぶんだけをぶんぱいするのです

 

けいば けいりんでさえ 75ぱーせんとは かんげんします

 

るーれっとで あかにかけるか くろにかけるか かんがえますね 

ほけんは じぶんにわるいことがおきるほうに まいつき ちっぷをかけることです

それでどうもとが 60ぱーせんととります

そういうかけです

 

おおくのひとは ほけんをかけだとはおもっていません

もっとあんぜんで よいものとおもっています

しょうしみんのたしなみ です

 

でも おかねがあるひとは ちょきんしたほうがいいですね

 

そうかんじさせないのが ほけんのこうこくの まじっくです

 

*

ほけんだけでなく いりょう おいしゃさん そのものが もはや すいあげしすてむになっているのです

 

これは ややこしいてーまなので ふかいりしません

 

 

*

 

しゅうきょうも はげしく すいあげます

 

いのちのねうちという おかねでは はかれないものをおしえてくれるので しんじゃにとって おかねはたいしたものではありません。

つかえばつかうほど ありがたいきもちになります

 

いのちのねうちが じぶんじしんでわかっているひとは しゅうきょうにおかねをつかわなくてすみます

 

でも そうでないひとがたくさんいます

 

おおきなしゅうきょうは おかねもちです

おかねがざぶざぶとあつまってくるのです

 

ぜんなんぜんにょの じょうざい です

 

*

 

こどものがくひも すいあげられます

 

しょう、ちゅうがっこうは むしょうですが じゅくや ならいごとがあります

 

いま しょうがくきんが さらきんなみ とひはんされています

 

こうこう だいがくで すうひゃくまんえん あるいはいっせんまんえんをこえる おかねがかかるでしょう

 

せんにんは ちゅうそつで すごくせいこうしたひとを なんにんかしっています

せいこうとは ふつうのせけんてきないみで おかねをたくさんかせぐようなことです

ただ どくじのやりかたをします

 

まえにかいた じこけっていのぷろせす

 

1 かのうせいをみつけだす

 

2 かのうせいの りすとをととのえる

 

3 かのうせい から じこけっていし じっこうする

 

4 じっこうした けっかをじぶんでひょうかし ひきうける

 

5 4をぜんていに またかのうせいをみつけだす

 

これをくりかえすことで、どくとくのみちをあゆみはじめるひとがいるのです

 

もちろん そういう つよいいきかたができるひとばかりでは ありません

 

でも ちゅうそつではたらいて すむところや ごはんはしばらくおやのいえですませる

そうすれば おかねがたまります

おやも がくひがうきますから ためたおかねと おやのえんじょで だいがくをそつぎょうするころには ちいさなしょうばいをはじめることができます

 

これからのよのなか だいがくでたって らくではありません

ほんにんがのぞめば そういうじんせいもいいのではないでしょうか

 

せんにんにも むすめがいますが 10ねんいじょうまえに そういうせんたくしをほのめかしたら おくさんから 「あなたは それでもひとのおやか あいじょうがないのか」と おこられました

 

ひとつのせんたくしをしめしただけですが

かんじょうのきんせんにふれたようです

これはたぶーなのです

 

なにはともあれ のみのさーかすへのさんかのちけっと 

これが よのなかのひとにとってはいちばんだいじなようです

 

したがって みんな がくひは ほかをけずってもはらうのです

 

*

 

あたまがつかれましたね

まだまだわたしたちをすいあげているものは あります

すいあげしすてむは さらにふかいこうぞうをもっていますが じかいにしましょう

 

 

 

 

 

かめよせは いがいと かんたん

ながいげんこうを かくじかんがないので ひさしぶりにかめよせ

 

なんでよってくるのか 

 

ふしぎです

 

ぼくのまねをしたひとも ふたり かめをよせています

 

かめがおおいところでしているので ぼくよりもかめがいっぱいよってきている どうががあります

 

ちょっとかわったひとたちなので ふたりにとくしゅのうりょくがあるのか

だれでもできるのか

 

きょうみぶかいところです

 

もうすこしようすがわかったら そして やってみたいひとがいたら やりかた こうかいします

 

せんにんも かめがたくさんいるところで じっけんしてみたい

 

それから さつえいしてくれるひとがべつにいると もっといいえがとれるでしょう

 

これは せいぶつがくてき せいめいてきに とてもおくゆきのあることがらなのですでも はんのうするひとがすくないので つまりません

あまりもちべーしょんがあがらない

 

「どこどこで おいしいらんち たべたよー」

 

という しゃしんいりのきじのほうがいいかな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とくぎかめよせ ◆ かめがさんびき みぎのほうにもあたまだけでています とくにどうということない えいぞう

ちりもつもれば やまとなる pic.twitter.com/KG2MJSQ0MF

— symbolist (@muramatsukouhei) 2017年7月25日

 

 

ほうかいする さーかすせかい

ぜんかい われわれのしゃかいを

 

とべないのみ のさーかす

 

という ひゆでかたりました

 

このさーかすせかいは まもなくほうかいします

 

ほうかいとはなにかというと ばくはつてきにしゅくしょうするのです

このほうかいこそが せんにんがじんるいきゅうさいをはじめた りゆうなのです

 

いろいろなぎもんがわきますね

 

1 なぜ ほうかいするのか?

2 ほうかいすると どうなるのか?

3 どうすればいいのか

 

1について かきましょう

 

かんたんにいうと ひとがいらなくなるのです

ろうどうりょくが たいりょうにあまってしまうのです

 

それは さんぎょうかくめいいらいの ごうりか と じどうかの れきしのながれです

 

あぃてぃは いんふぉめーしょん・てくのろじー

じょうほうかがく

 

これはかつて おふぃす・おーとめーしょん おーえー とよばれていたのです

 

つまり それがじどうか おーとめーしょんか のながれです

 

たとえば さんぎょうかくめいで こうじょうせいさんがはじまったことで たいりょうのしごとがはっせいしました

 

とてもやすい ろうどうりょくとして おおくのひとが かりだされました

さんぎょうかくめいのはっしょうのち いぎりすではこどもまで かりだされて ちょうじかんろうどうに じゅうじしました

こどもたちは じゅうろうどうでつかれはて おとなになることなく はやじにしたといいいます。

 

それでしごとはふえたようにみえますが それまでのかないせいしゅこうぎょうは すいたいしました

てづくりでものをつくっていた さんぎょうはすいたいし よりおおくのひとがしごとをうしなったはずです

 

でも これはぶんめいやけいざいが ばくはつてきにはったつしたじきでもあったので つくるものはたくさんあったのです

 

せかいには ぶんめいのおんけいがとどきにくい くにや ちいきがたくさんあり それは みらいの みかいたくのしじょうとして のこっていたのです

 

むかしは ぶんめいのおくれたくにを こうしんこくと ろこつによんでいました

わかりやすいので このなまえで よびましょう

せんしんこくの しじょうが ほうわしてしまえば こうしんこくにうりにいけば よかったのです

 

そのあいだに せんしんこくは さいせんたんのものをうみだし せんれんさせ しょうひしていきます

 

でも いま このようなげんりや だいなみずむは かつてのようには そんざいしません

あじあでも あふりかでも きょうさんけんでも あらゆるくにのひとが あいふぉんをもっています

 

あたらしいものは さほどいらないのです

もちろん あいてぃや さんしんぎじゅつのせかいは めざましいもの おどろくべきものを つぎつぎにうみだします

 

でも よりおおきなへんかは ものがみなやすくなり りえきをうまなくなっていることです

 

100えんしょっぷにいくと こんなものまで100えんっ? とめがまるくなることがあります

 

そのかげで ぶんぼうぐやさんや しょっきやさんなどがたくさん はいぎょうしていることでしょう

 

ぶっくおふができたことで ふるほんやさんも かなりへったでしょう

そして しゅっぱんしゃのうりあげもへりました

 

あまぞんのおかげでつぶれたしょてんも たくさんあるでしょう

せんにんのすむまちの ながくつづいていた ほんやもちかくへいてんする というあんないがでていました

 

あまぞんはほんやとしてかたってしまいますが、うっているのは ほんはすでにいちぶですね

あらゆるものをうって あらゆるしょうばいをあっぱくします

 

とにかく おおきなしほんが しゅうやくてきにじょうほうやものをしはいし よい やすい さーびすをつくりだすと ふるいちいさなしょうばいは あっぱくされてすいたいするのです

 

そのようにして しほんのしゅうちゅうが かそくしています

 

しゅうやくてきなしごとというのは ひとでがいらないのが めりっとです

そしておおきなしほんは さいしん さいぜんのしすてむをいれます

ひとでをせつやくするというめんでは もっとも かしこく あいてぃか され こうりつがよいものになります

 

したがって ひとつのぎょうしゅが ひとをやしなう にんずうは げきげんしていくのです

 

じんるいは そういう おおきなじだいのながれのなかにあります

 

そこにきて えーあいが ひとのちせいにおいつけ おいこせと いうじだいがきました

 

ひとにしかできない とおもわれていたしごとを つぎつぎにできるようになりました

 

だっさいというおさけは とうじのけいけんとかん といわれていたさけづくりを こんぴゅーたーでかんりしました

 

しかも それがひとがつくったよりおいしいと だいにんきになってしまったのです

(せんにんは せけんがありがたがるほど だっさいはすきではありません

せんにんにおさけをおくるときには ほかのおいしいさけにしてください

ごりやくがあるでしょう)

 

いご・しょうぎでも めいじんより こんぴゅーたーのほうが つよくなってしまいました

 

そうなると ひとのしごとは さらにげきげんしていきます

 

くるまもとおからず じどううんてんになるでしょう

ちょうきょりとらっくのうんてんしゅのしごとが なくなるだろうとは よくわだいになります

こーすがきまっているからです

 

たくしーは いつもこーすがちがいますから そのあとになるでしょうけれども じかんのもんだいです

 

せんにんもせんじつ うーばーというものをはじめてつかってみました

たくしー はいやーを すまほでよべるのです

いきさきも すまほでいれておきます

かーどをとうろくすれば しはらいのやりともありません

 

じどううんてんさえじつげんできれば そのまま すぐにむじんかできるのです

 

すぐにめにつくれいをあけましたが ほかにもいろいろなものが こんぴゅーたがあればひとはいらなくなるでしょう

 

よのなかの じどうかのながれが えーあいのばくはつてきしんか しんぎゅらりてぃによって げきりゅうかしていくのです

 

いごや しょうぎても こんぴゅーたーが とっぷぷろにかつのは 10ねんかもっとさきだとおもわれていました

 

このけんにかんして わたしたちのよそうよりも はやくじだいは すすむけいこうがあります

 

かりにそれが よそうより すこしばかりおそかったところで じんるいのれきしのなかでは いっしゅんということばもあたらないくらい みじかいさきのみらいなのです

 

ようちえんや しょうがっこうのていがくねんのときに いすとりげーむ をしましたね

 

たくさんならべた いすのまわりを おんがくにあわせてくるくるまわり おんがくがとまったしゅんかんに いすにすわります

 

いすは だんだんにへっていきます

すわれなかったひとは しっかく げーむおーばーになります

 

そのいすが きゅうそくに はんぶんくらいになってしまうじだいが すぐそこにきているのです

 

これが さーかすせかいのほうかいです

 

げーむおーばーになったひとがたくさんでたら どうしましょう

 

そのときに なにがおきるのか

 

それはじかいにしましょう